FC2ブログ
Soft & Hard
緊縛、吊り、ムチ、浣腸。キミを極上のエロスの世界にご案内しよう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
裏腿
さあ、キミの身体の裏側を愛撫していくよ。

まずはキミの右のふくらはぎに舌先を這わせていこうね。
下から上に、ゆっくりと小さな円を書きながら、
ひざ裏に向かって愛撫していくよ。

キミのひざ裏に、
チュッ、

舌先で、
レロレロ

キミの裏腿を愛撫してあげよう。
下から上に、ゆっくりと小さな円を書きながら、
ヒップの小高い丘に向かって舌先を這わせていくよ。

私の両手はキミの内腿と外腿を舌先と同じ速度で上がっていく。
両手は添えられているだけだよ。
動いているのは私の舌先だけ。

少しずつ小高い丘に近づいていく。
内腿に添えられた私の左手が少しずつキミの秘密の唇に近づいていく。
キミの身体は既に全身性感帯になっているね。

敏感な内腿に手の平を添えられて、
その手の平がゆっくりと上がっていく感覚はいかがかな?

私の舌先が小高い丘のふもとに到達したよ。
ヒップと脚の境目を、骨盤からアナルに向かって、
ツツーッ。

キミは、私の舌先がヒップの小高い丘を愛撫するのを待っているんだね。
少し焦らしてあげようね。

次は左足だよ。

キミの左のふくらはぎに舌先を這わせていこう。
小さな円を書きながら、下から上に。
レロレロ。

足枷からひざ裏に向かって、
ツツーッ。

キミのひざ裏に、
チュッ、

舌先で、
レロレロ

私の右手をひざの関節の内側に添えてあげよう。
そして、左手を関節の外側に添えてあげよう。

さあ、私の両手に挟まれたキミの裏腿を
私の舌先で愛撫してあげよう。

キミの裏腿に、
チュッ、

小さく円を書きながら、
レロレロ、

私の舌先が少しずつヒップの小高い丘に向かっていくよ。

右手が舌先と同じ速度でキミの内腿を上がっていく。
甘酸っぱい匂いが私の鼻腔を刺激しはじめてきたよ。

濡れているんだね。

私の右手の指先が、キミの秘密の唇に到達したよ。
ヌルッという感覚が私の指先に伝わる。

クンニはもっと後だからね。
キミの一番敏感な部分を愛撫してあげる前に、
お尻と背中に舌先を這わせてあげよう。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:エロス - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。