FC2ブログ
Soft & Hard
緊縛、吊り、ムチ、浣腸。キミを極上のエロスの世界にご案内しよう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フェイス
キミは両手をベッドの手枷に拘束されて横たわっている。

キミの頬を撫でてあげようね。
私の手の平で、優しく撫でてあげよう。
キミは目を瞑って私の次の愛撫を待っている。

私の舌は、キミの左の首筋へ。
のどへ、
右の首筋へ。

右の首筋から頬を伝って耳たぶに到達したよ。
耳たぶを甘噛してあげよう。

耳の縁から耳の穴へ舌先を這わせていくよ。
耳の穴に舌先を侵入させようか。
ふぅーっと熱い息を吹きかけて、レロレロ。
そして、ふぅーっと熱い息を吹きかけて、レロレロ。

右の耳から首筋へ。
のどを伝って左の首筋へ。
頬を伝って左の耳たぶへ。

甘噛み。

耳の縁、
耳の穴、
熱い息、
舌先での愛撫。

私の舌先がキミのおでこに到達したよ。
左から右へ、
右から左へ。
そしてもう一度右へ。

私の両手はキミの頬を軽く撫でているよ。

キミの右のまぶたに、
チュッ
レロレロ。

左のまぶたに、
チュッ
レロレロ。

キミの眉間から鼻の頭に向かって舌先を這わせていこう。
鼻筋を上から下に、
ツツーっ。

私の指でキミの耳を愛撫しながら、
鼻の穴の周りを優しく舐めてあげるね。

キミの口から官能の吐息が漏れているよ。

キミは少し頭を仰け反らせたね。
私にキスをおねだりしているのかな。

分かったよ。
もう一度、愛情のこもったディープキスをプレゼントしてあげよう。

その前にすることがあったよ。
キミにアイマスクをしてあげよう。

右手で優しくキミの頭を上げて、
左手でアイマスクを装着してあげよう。

ここから先は、暗闇の中で私の全身愛撫を受けていくんだよ。
ゆっくりと、
まったりと、
私の舌先での愛撫を受けていなさい。

脚の付け根の秘密の部分には、
まだ手を触れることはしないよ。

ここからはキミをじっくりと焦らして行こうね。
キミがクンニをおねだりしてきてもだめだよ。
ラビアと、ヴァギナと、クリトリスは最後の最後までおあずけだよ。

再び、
私の唇がキミの唇を覆った。

キミは従順に私に舌を差し出してきたね。
可愛い女だ、キミは。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。