FC2ブログ
Soft & Hard
緊縛、吊り、ムチ、浣腸。キミを極上のエロスの世界にご案内しよう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キス
私はキミと一緒にベッドに横になったよ。

ベッドでも最初の行為はキスだよ。
キミの唇に私の唇を重ねてあげよう。
フレンチに、右に左にキミの唇を摩ってあげよう。

私はキミの左側に寄り添っているよ。
そして、右腕はキミの首の下で枕代わりになっているよ。

唇でキミの唇を愛撫しながら
左手でキミの髪を撫でてあげよう。
つむじから後頭部にかけて、キミのきれいな髪を優しく撫でていくよ。
キミの洗い髪からは仄かなシャンプーの香りが漂ってくる。

ゆっくりと寛ぎなさい。
そして、快楽に身を任せなさい。

さあ、私の舌でキミの唇を開けようか。

上唇と下唇を同時に軽く愛撫しながら、
キミの歯に舌を這わせていくよ。
本来は、歯そのものが感じることはないはずだけど、
私の舌の振動が歯茎に伝わって心地よさを感じているはずだね。

キミの上の歯茎に舌を這わせてあげよう。

右から左へ、
左から右へ、
そして、右から左へ、
キミは微かに口を開き軽く息を吐き出している。

次は下の歯茎に舌を這わせていくよ。
右から左へ、
左から右へ、
そして、右から左へ、

キミの上の歯と下の歯の隙間が少しずつ大きくなっているよ。
私の舌がキミの口の中に入ってくるのを待っているんだね。

もう少し歯茎を愛撫してあげようかな。
下の歯茎から上の歯茎へ、
上の歯茎から下の歯茎へ、
最初は右回りにレロレロしてあげよう。

私の舌先がキミの歯茎を愛撫しているときにも、
二人の唇は触れ合っている。
唇にはフレンチに、そして歯茎にはディープに、
私の愛情のこもったキスをプレゼントしよう。

次は左回りにレロレロしていくよ。

キミの口がますます開いてくる。
私の舌がキミの口をこじ開けているわけではないのに。

いつの間にか軽い吐息がはっきりとした喘ぎに変わっている。
キスに感じているんだね。
そして、キミの舌が私の舌を待っているんだね。

私の舌をあげよう。
キミの口の中に私の舌を侵入させるよ。

キミの舌の感覚が私の舌先に伝わってくる。
柔らかい舌だね。

さあ、お互いの舌を貪りあおうか。
お互いの唾液を混じり合わせながら。

キミの舌を吸ってあげるよ。

少し強めに吸ってあげようか。
キミは頭を少し仰け反らせながら私に舌をあずけている。
そして、舌を開放してあげるとキミの口から官能の喘ぎ声が漏れてくる。

キミの頭が元の位置に戻る。
そして、また私はキミの舌を吸いはじめる。

何度も繰り返してあげよう。

左手をキミの背中に回して強く抱きしめてあげるよ。
ふたりの唇が強く押し付けられる中でお互いの舌はお互いの舌を求め合っている。

セックスの中でお互いの心が通じ合う瞬間だ。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:エロス - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。