FC2ブログ
Soft & Hard
緊縛、吊り、ムチ、浣腸。キミを極上のエロスの世界にご案内しよう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
首輪
さあ、顔を上げなさい。
この赤い首輪をキミの首にかけてあげよう。
唇を合わせながら、キミの首に首輪を巻いたよ。

キミは私の愛犬になったよ。

さあ、お散歩をしようか。
四つん這いになって歩きなさい。

どうしたのかな。
早く歩き出しなさい。
両手をついて四つん這いなって、
お尻の穴を後ろに突き出した格好で、
私と一緒にお部屋の中をお散歩するんだよ。

さあ、私の手を引っ張るように歩いていくんだ。

キミは四つん這いになり、
一歩ずつ歩を進めだしたね。

右手、
右足、
左手、
左足、
ゆっくりとお部屋の中を回りだしたね。

なんて素直に言うことを聞く愛犬なんだろうか。
足を踏み出すたびにキミのヒップが揺れる。
くびれたウエストに皺が入る。
右に、
そして、左に。

首輪をされて、
全裸で、
犬のように四つん這いで歩くことを命令されて、
その命令に、静かに、おずおずと、うつむきながら従う。
こういう願望がキミにはあったはずだね。

本当はキミは悦んで歩いているはずだ。
でも、耳を真っ赤にして恥ずかしそうに歩いているね。

命令されて歩いているけれど、
本当は自分から歩を進めているのだということを、
キミ自身は自覚しているんじゃないのかな。

さあ、大きな鏡の前に来たよ。
歩きながら、顔を上げて、前髪の向こうに見える、
犬のように歩いている自分の姿を自分の目で確認するんだ。

歩きながら身体検査をしてあげよう。
びてい骨からアナルへ、
アナルから膣へ、
私の指を滑らせていくよ。

しっかりと濡れているね。

やっぱり、自分から歩を進めているんだね。
そして、鏡に映る、自分の屈辱的な姿に感じているんだね。

キミに少しだけご褒美をあげよう。
私の指先を、もっと敏感にところに持っていってあげるね。

クリトリス。
キミは四つん這いで歩きながら、
私の指でクリトリスを愛撫されている。

指の振動に合わせるように、
キミの喘ぎ声が少しずつ大きくなっていく。


どうしたのかな。
止まってはいけないよ。

そうかい。
ムチが欲しいんだね。

分かったよ。
愛犬にムチを与えてあげよう。

愛犬の背中に、
ビシッ!

今回はいきなりスナップを効かせるよ。
ビシッ!
ビシッ!
ビシッ!

キミは四つん這いになったまま、
私のムチを受け入れているね。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。