FC2ブログ
Soft & Hard
緊縛、吊り、ムチ、浣腸。キミを極上のエロスの世界にご案内しよう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
性器愛撫
キミは私の目の前で放尿した。
少しだけご褒美をあげようか。

私のペニスでキミのクリトリスを刺激してあげよう。
ラビアの間にフランクフルトを挟むようにして、
亀頭でクリトリスを刺激してあげるるよ。

あとでたっぷりと挿入してあげるからね。
さあ、キミの両ひざをもう少し引き上げてあげようか。
キミの股間が僕の顔の位置に来るくらいまで引き上げていこう。

まずは、右ひざから引き上げていくよ。
ジャラジャラというチェーンの音が薄暗いお部屋の中に響いている。

少しずつキミの右ひざが引き上げられる。
そして、宙を浮くキミの身体が左に傾いていく。

キミのラビアが少しずつ上がってくる。
私の腹の位置に、
胸の位置に
首の位置に
そして、私の唇の位置まで引き上げられた。

キミの身体は左斜めに大きく傾き、
右斜め上と、左斜め下に引っ張られた両足の付け根には、
ぱっくりとラビアが口を開けている。

ラビアの奥の尿道がはっきりと見て取れる。
そして、膣からは愛液が、キミの牝の匂いとともに溢れ出している。

首がきついんだね。
無理せずに後ろに仰け反らせていなさい。

まずは、アナルを舌先で愛撫してあげよう。

左右に強く引っ張られているアナル皺の中心に小さな穴ができているね。
キミのウンコが出てくる穴だよ

その穴に舌を突っ込んであげようか。
最初は優しく、小さな穴の周りを小刻みに震わせていこう。
そして、舌先をすぼめて固くして、
お尻の小さな穴に突っ込んでいこう。

上下、左右に舌先を振動させながら、少しずつ奥にねじ込んでいこうか。

恥ずかしいね。
穴から舌先を抜いて、アナル皺を円を書くように愛撫してあげよう。
ゆっくりと、最初は小さな円が、少しずつ大きくなっていく。

そして、円がキミのヴァギナにかかるくらいになったよ。
ヴァギナに掛かった舌先を脚の付け根に移動させようか。

右の脚の付け根を、
上から下に、
下から上に、
丁寧に舌先を這わせていくよ。

左の脚の付け根も舐めて欲しいんだね。
舌先を一旦アナルまで下ろして、
左足の付け根まで移動していこうか。

左足の付け根を、
上から下に、
下から上に、
何度も丁寧に舐めてあげよう。

そして、もう一度アナルへ。
さらに右足の付け根へ。

右のラビアを左の方に引っ張ってあげよう。
キミのヴァギナ全体が蓋をされた感じになったよ。

血管が浮き出ているね。
人間の肌は引っ張られる方が感じるよね。

ラビアの外側をゆっくりと愛撫してあげよう。
上から下へ、
下から上へ、
小さく円を書きながら、螺旋状に舌を這わせてあげよう。

次は、左のラビアの外側を舐めてあげよう。
上から下へ、
下から上へ。
小さく円を書きながら、螺旋状に舌を這わせていこう。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:エロス - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。